Intime Blog:アンチーム・ブログ

マンスリーメモ 第5回 「投資分析」

2006-8-1 by admin

◆一般的な投資利回り◆

 投資や運用の成果は「利回り」という指標によって評価するのが一般的になっています。不動産投資や有効活用の採算性も「利回り」が用いられることがあります。その算出方法は他の資産ほど統一されていません。その理由としては、不動産投資の収益はインカム・ゲインとキャピタル・ゲインで構成されていること、キャピタル・ゲインの予測が極めて困難なこと、不動産所得は総合課税であるため投資家の所得等により税負担が大きく異なること、運用において種々の費用がかかるため純収益の算出が面倒なこと、収益や費用の多くが変動要素であること、などが挙げられます。ここでは、一般に用いられている不動産の投資利回りについて説明しますが、いずれも単年度のインカム・ゲインの効率を示すものです。

» 続きを読む…

このページのトップへ